金属材料は日常生活の中にも多い!日用品に使われている金属とは?

金属材料は日常生活の中にも多い!日用品に使われている金属とは?

非磁性の金属材料は身近な場所でも使用されている

水を飲む

金属材料といえば磁石になる、磁石がくっつく様子などを想像する方も多いでしょう。確かに身近な工業製品に使用されている金属材料は、鉄が含まれるスチールやステンレスとなり、磁性体です。そのため、自らが磁石になったり、磁石とも反応してしまいます。しかし、金属材料の中には非磁性体と呼ばれるものも存在し、磁石とならない、磁石と反応しないものもあります。このような金属材料は、工業製品において必要不可欠な存在となっているほか、日常生活における注意も必要です。
まず、非磁性体で身近なものとして、銅やアルミニウムがあります。これらは電線の導体として使用されるだけでなく、アルミニウムの場合はフレーム材料にも利用されます。さらに非磁性体は電磁波を吸収し遮断する効果もあります。そのため、電磁波による動作不良を防ぐための遮蔽材料として精密機器に使用されていることもあります。スマートフォンやタブレット端末などはアルミ板が内部に使用されることもあります。また、非磁性体が日常生活で問題となるのは、IHクッキングヒーターです。フライパンや鍋など、ガス専用やIH対応といった表示があります。アルミニウム製の場合、磁性がないため発熱現象を生じないため、購入時は注意が必要になります。分からに場合は磁石で確認も可能です。

Pick Up Contents

TOP