金属材料は日常生活の中にも多い!日用品に使われている金属とは?

金属材料は日常生活の中にも多い!日用品に使われている金属とは?

アルミニウムは比重が軽く導体に採用される金金属材料

ナイフとフォークを持つ

電線やケーブル、電子基板の導体として真っ先にイメージするのが銅です。確かに銅は、導電率やリサイクルという点でメリットがあるものの、比重が重いという問題があります。そこで注目されている金属材料として、アルミニウムがあります。金属材料といっても合金化され、導電率は60%程と銅に比べて低いものの、比重は3分の1と軽量です。そのため、電線などは、銅より導電率は劣っていても導体を2倍にしても重量を抑えられるとして、既存の電柱などを立て替えることなく、送電容量を増やせるというメリットがあります。また、アルミニウム合金は軽量でありながら強度が高く、合金とすることで様々な特性を付加することもできます。耐熱性の高いアルミニウム合金とすることで、高温となる場所での使用も可能です。最近では、自動車などの配線にも使用され、エンジンルーム内など高温になる場所での採用もされています。アルミニウム合金とすることで、自動車内で使用されるケーブル類が軽量化されるため、自動車自体の軽量化に結び付きます。そのため、燃費向上などにもメリットとなっています。そのほかにも、アルミニウム合金は軽いだけでなく、銅に比べて国際取引価格も安定し、金属材料してのコストパフォーマンスにも優れています。

Pick Up Contents

TOP